クレンジングと洗顔料の機能的な違い

投稿日:2017-06-12 更新日:


美肌づくりには、肌の汚れをきちんと落としてスキンケアすることが重要ですが、クレンジング洗顔料は何が違うの?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレンジングと洗顔料の大きな違いは、、クレンジングは皮脂やメイクなどの油性のものを落とすものであり、洗顔料はほこりやアカなどの水性のものを落とすものだということです。
つまり、洗顔料では落としきれない肌に付着したよごれを落としてくれるのがクレンジングということになります。

クレンジングと一口にいっても、オイル、クリーム、リキッド、ミルクなど様々な種類があります。
最近ではまつ毛エクステなどの流行などもあって、オイルフリーのものもありますが、一般的にはオイルが配合されていて、このオイルがメイクとなじみ毛穴の奥の汚れまで溶かして浮かせる役割があります。

ではこのオイルとは何なのか、ということになりますが、石油系の化学物質が含まれているものが多く一般的です。しかし、最近では、天然オイルなどが配合されている無添加クレンジングも増えてきています。

一方、洗顔料ですが、固形タイプや、クリーム、パウダーなど様々な種類があます。
洗顔料は、洗浄成分を主成分として、皮膚への油分を補給するエモリエント剤、モイスチュアライザーとして保湿剤が配合されているものが一般的です。

肌の汚れを落とすという点においては、クレンジングの方が優れていることがわかりますね。

では次に、クレンジングの種類についてお話します。

-基礎知識

Copyright© クレンジングおすすめランキング|クレンジング完全ガイド , 2018 AllRights Reserved.