クレンジングの種類(オイル・ミルク・ジェル・クリーム等)

投稿日:2017-06-12 更新日:


クレンジングの主な種類タイプは以下の通りです。

【オイルタイプ】
このオイルタイプは洗浄力が強く、非常に人気のあるクレンジングです。
ですが、注意したいのはその洗浄力の強さです。洗浄力の強さが本来、肌に必要な油分まで取り除いてしまう場合も少なくないからです。
成分としは化粧品となじませるための界面活性剤が多量に含まれているのでお肌に大きな負担をかけているのも事実です。
乾燥肌や敏感肌の場合は、あまり向かいないタイプと言えます。

【ミルクタイプ】
ミルクタイプのクレンジングは、洗い上がりがしっとりするのが特徴です。
ミルクタイプのクレンジングは肌に優しいのですが、水分量が多くメイクとは馴染みにくいので洗浄力がやや弱いです。
そのため、ミルクタイプのクレンジング使用の際に、無意識に手や指で顔の表面や小鼻などをゴシゴシしたりしてしまい、ダメージを肌に与えてしまっているケースも非常に多いです。
ウォータープルーフのメイクやバッチリメイク時にはあまり向いていないと言えます。

【ジェルタイプ】
ジェルタイプのクレンジング剤は、メイクに馴染ませるのに多少時間がかかりますが、ミルクタイプのクレンジングに比べると洗浄力も高く、洗い上がりも程よくしっとり感が残ります。
保湿成分を配合していたり、無添加のクレンジングジェルなどもラインナップされています。
ジェルタイプを使用する際には、肌の表面をゴシゴシとこすってしまったり、特に目元などの皮膚が弱い部分をクレンジングする際に肌を引っ張ってしまうなどの刺激を与えないようにしましょう。

【クリームタイプ】
クリームタイプは保湿力に優れていて、オイルタイプに続いて洗浄力の高いものです。
クレンジングの中でも、世代を問わず、長く愛用されている種類と言えます。
ナチュラルメイクを中心に、バッチリメイクも落とせるタイプです。

【リキッドタイプ】
最近シェアを拡大しているウォーターベースのクレンジングです。
オイルが含まれているものや、オイルフリーなどがあります。洗顔後はベトつかず、すっきりとした洗い上がりで、洗浄力も比較的高く、水性と油性の両方の汚れに働き、ウォータープルーフのメイクも落とすことが可能です。

【W洗顔不要タイプ】
これは最近注目を集めているタイプで、クレンジングと洗顔が同時にできるというものです。様々なタイプがありますが、クリームタイプやミルクタイプのものが比較的多いです。
乾燥肌やW洗顔によって必要な油分がなくなってしまうのが不安な方におすすめのタイプです。

-基礎知識

Copyright© クレンジングおすすめランキング|クレンジング完全ガイド , 2018 AllRights Reserved.