美肌力がアップするクレンジング方法

投稿日:2017-06-12 更新日:


美肌の基本であるクレンジング。
しかし、単にメイクを落とせばいいというわけではありません。
間違ったクレンジング方法は肌トラブルの原因になります。正しいクレンジングによって美肌を目指しましょう。

クレンジング前に顔を濡らさない
濡れた肌にも使えるタイプなどもありますが、クレンジング前に顔を濡らすとクレンジング料が浮いてしまい、うまく肌に馴染まなくなります。
濡れた肌にも使えるタイプであっても乾いた肌に使うほうが効果が出やすいので、しっかりと汚れを浮き上がらせるためにも、顔は濡らさずにクレンジングすることをおすすめします。

ポイントメイクは先に落とす
アイメイクや口紅などの落としにくいメイクはポイントメイククレンジングなどで先に落としてから、クレンジングすることもおすすめです。
特に目元は皮膚が薄く敏感にも関わらず、マスカラなどの落ちにくいメイクを施してるため、他と同じクレンジングだとゴシゴシこすってしまう場合があります。
手間はかかりますがポイントによってクレンジングを変えることは、クレンジング効果を高めるポイントです。

優しくマッサージする
オイルタイプの場合は洗浄力が強く、このような心配はあまりありませんが、他のタイプの場合、無意識に強く肌をこすってしまっている場合があります。
物理的な刺激は肌トラブルにつながりますので、クレンジングの際は、力を抜いて優しくマッサージするようにしましょう。
特に目の周りは皮膚が薄くデリケートな部分なので、気をつけてください。
また、クリームタイプなど、泡立てる事のできるタイプの場合はしっかりと泡立てて使うと肌に刺激が少なくなりますので、おすすめです。

36度のぬるま湯で落とす
クレンジングをおとすときは、36度くらいのぬるま湯が適しています。
冷たすぎる水だと毛穴の皮脂や汚れが落ちにくくなり、逆に熱すぎるお湯だと肌に必要な潤いを奪ってしまいますので、ぬるま湯で落とすようにしましょう。

手で暖める
クレンジング剤を数分手のひらに乗せて、人肌くらいに暖めると、肌と馴染みやすくなります。
馴染みやすくなったクレンジングは、時間短縮になりますのでおすすめです。長時間のクレンジングは肌に負担をかけてしまいますので注意しましょう。

お風呂でクレンジング
お風呂など蒸気によって毛穴が開いている状態はメイクを落としやすくしてくれます。
スチーム効果で毛穴の奥からメイクをしっかり落としましょう。その際顔の水分は優しく拭き取ってクレンジングする事がおすすめです。

-基礎知識

Copyright© クレンジングおすすめランキング|クレンジング完全ガイド , 2017 AllRights Reserved.