クレンジングと洗顔の違い

投稿日:2017-06-12 更新日:


どちらも顔を洗うものなので、クレンジング剤と洗顔石鹸(洗顔料)の違いって言われても、うまく説明できないという方は意外と多いんです。そこで、ここではクレンジングと洗顔そもそも何が違うの?という疑問にお答えします。

クレンジング
まずはクレンジング。クレンジングはメイクや日焼け止めなど油性の汚れを落とす為に使うアイテムです。
メイクは崩れにくいように、ファンデーションや口紅などの多くに油性基剤が使用されています。特に最近は落ちにくくなっているウォータープルーフの化粧品も多く、肌の表面にしっかり密着するようになっていて、これは洗顔料では綺麗に落とすことができません。つまり、洗顔料だけでは落ちきれない汚れを落とすためのものがクレンジングです。

クレンジング料には、メイクアップ化粧品と同じ系統の油性の原料や乳化剤などが配合されていて、その油性原料がメイクとなじんで浮き上がらせて落とすことができます。

洗顔石鹸(洗顔料)
皮脂や汗、それらが混ざってワックスのように皮膚の表面を覆っている皮脂膜、ターンオーバーによって剥がれ落ちた角質層(垢)などの身体から分泌された汚れと、埃や花粉などの外からの汚れなどの「水溶性汚れ」を落としてくれるのが石鹸です。

そもそも洗顔石鹸の役割は、本来持っている皮膚の役割を十分に発揮できるように、外部から受ける皮膚のストレスを取り除くことが目的です。特に病気の原因にもなる殺菌を除去することは、石鹸の非常に重要な役割になのです。皮膚というのは身体を守るバリアの働きがあって、いろいろな外部からの刺激から身体を守って います。その皮膚全体を守るのも洗顔石鹸の大事な役割です。

洗顔石鹸はどれを使用してもいいということではなく、今では保湿効果や美肌効果や殺菌などを取り去る様々な成分が含まれているものがあります。中には敏感肌やアレルギーを持っている人には刺激の強すぎるものも多くあるので、自分の肌に合わせた商品を選びましょう。

いかがですか?洗顔とクレンジング似ているようで異なる働きをしているのがわかりますね。
最近ではこの二つの異なる働きを一つにしたダブル洗顔不要クレンジングもあります。肌質と肌悩みに合わせてクレンジングを選んでいきましょう。

-基礎知識

Copyright© クレンジングおすすめランキング|クレンジング完全ガイド , 2018 AllRights Reserved.