シワ・シミをつくらせないクレンジング法

投稿日:2017-06-12 更新日:


メイクを落とすためのクレンジングは、ただ化粧が落ちればいいと考えている人が意外と多いですが、実はシワやシミの原因になっていることが多いです。一見関係がなさそうですが、化粧を落とすためにお肌をこすることが、刺激になっています。

刺激を受けたお肌は守ろうとして、メラニン色素を分泌するためにシミとなります。お肌をこすることで、必要以上に皮膚が動き、シワにもつながってしまいます。毎日のことなので、トラブルにつながらないクレンジング方法を知っておきましょう。

まず、様々な種類が販売されていますが、オイルタイプは洗浄力が強い分、お肌への刺激も高くなってしまいます。お肌が必要とするうるおいまで取り除いてしまうので、乾燥もしやすくなります。リキッドやジェルはオイルほど刺激が少ないですが、しっかりと落とすために何度もこすってしまう傾向があります。

ミルクやクリームタイプはお肌にやさしいですが、メイクが残りやすいので注意しましょう。ナチュラルメイクの時と、しっかりとしたメイクのときで使い分けるなど、お肌に合わせたものを選ぶといいでしょう。

そして、クレンジングのやり方ですが、面積の広い部分から狭い部分へと動かしていくのが基本になります。まず、頬から始めて、おでこに移ります。内側から外側へとやさしく落として行きましょう。

皮脂汚れが多い、鼻は念入りに行いますが、このときも力を入れ過ぎないようにします。目元と口元は、皮膚が薄く刺激を受けやすい部分ですが、メイクはしっかりしているので特に気を付けましょう。皮膚を動かさないようにして、ゆっくりと行います。

マスカラをしている場合は、目を閉じた状態で1本1本丁寧になじませます。全体がなじんだら、ぬるま湯で落としておきましょう。熱い温度のお湯ですと、お肌のうるおいまで流してしまうので、ぬるま湯を使います。シャワーで流すのも強い刺激になるので、洗面器に入れたお湯を手ですくってつかいましょう。

-基礎知識

Copyright© クレンジングおすすめランキング|クレンジング完全ガイド , 2018 AllRights Reserved.